退職金資産運用ガイドTOP > 資産運用に関するよくある質問 > 退職金専用商品とは?

退職金専用商品とは?について

 

銀行などに行くと、「退職金専用商品」というポスターをよく目にするようになって、定年が近い私としては気になるところ。

 

私の会社の定年退職年齢は60歳ですが、妻も私も健康なので、その後の生活は最低でも20年ぐらいはありそうなのに、退職金だけでは生活に不安があるんです。

 

今後の生活費を賄うために、退職金を投資に回して運用したいという気持ちはあるけれど、リスクのない投資はありえません。

 

だけど、銀行で扱っているものなら、株式投資や仕組みがいまいち分からないFXよりは、元本を減らさないで運用出来るから安心です。

 

それにしても、都市銀行、信託銀行、地方銀行によって、実にさまざまな退職金専用商品があるんですね。

 

ただし、ちょっと内容を調べてみると、金利が6%と高い商品は、外貨定期預金か投資信託をセットで運用しなければいけなかったり、セット商品じゃないものは1ヶ月しか運用出来なかったり。

 

つまり、リスクがない代わりに、運用出来る期間が短いか、リスクも少しは背負わないといけないと言う仕組みになっているということが分かりました。

 

地方銀行の方が、投資をしなくてもいいスーパー定期預金があるのですが、その場合金利が思い切り安いので、運用という面で考えると微妙です。

 

でも、もちろん普通の定期で預けるよりは、たとえ短期間でも退職金専用商品で預けた方が金利が高くなります。

 

投資というリスクを背負うならば、元本保証がされていて、少しでも運用することが出来る銀行の金融商品の方が私にはあってるので、これからじっくり検討していこうと思います。

 

退職金運用の基本記事一覧

退職金の運用リスクとは?

私にとって、退職金というのは、老後のための生活資金であって、けして余剰資金ではありません。でも、退職してから大体の生活資金を計算してみると、切りつめた生活をしたとしても、退...

退職金専用商品とは?

銀行などに行くと、「退職金専用商品」というポスターをよく目にするようになって、定年が近い私としては気になるところ。私の会社の定年退職年齢は60歳ですが、妻も私も健康なので、...

退職金の運用方法にはどんなものが?

42年間会社を勤めあげて、やっと手にした退職金は、私にとっては自分の人生のボーナスのようなもの。第2次世界大戦後、ベビーブームの真っただ中で育ってきた団塊世代、集団就職して...

おすすめの退職金運用法は?

退職金の運用方法は、よっぽど余剰資金がある人じゃないかぎり、かなり悩んでしまうと思います。かくいう私も、退職金をもらっても生活にゆとりが出来る訳じゃないので、投資に回すべき...

退職金の運用相談はどこで?

大事な退職金ですが、老後の生活のことを考えると、やっぱり運用しておくべきかなと思います。というのも、あるデータでは、退職してから30年間普通の生活をしても、約1億円近いお金...

退職金運用プランとは?

金融危機がこれだけニュースになると、さすがに経済に疎い私でも、退職後の生活が気になりだしました。退職金が出ても、今の状況だと年金をあてにすることも出来なそうなので、とにかく...