なぜ退職金の運用が必要?

 

退職金というのは、自分の中で一番まとまったお金をもらえる唯一の機会で、今まで我慢していたことや、やってみたかった事に思い切り使おう!と思ってました。

 

そんな矢先に出てきたのが年金問題で、あのニュースは怒りよりも先に将来への不安を感じてしまいました。

 

私は厚生年金ですが、それでも退職するころにはいくらもらえるようになるかも分からないし、受給年齢もさらに上がってしまうかもしれない。

 

今でさえ、退職してから年金が受給されるまで、数年間は無収入になってしまいますよね。

 

そうなると、退職金は老後を豊かに暮らす余裕資金ではなく、収入がなくなった時の生活費にあてなければならなくなってしまいます。

 

しかも、退職してから何年生きるか決まっている訳じゃないので、余裕のある生活をするには、さらに仕事をするか退職金を運用するしかありませんよね。

 

若い人でさえ就職難が続いているのに、これからさらに高齢者が増えていくことを考えれば、再就職することは難しい。

 

銀行にどれぐらい寝かせておいても、ほんの気持ち程度の金利しかつかない。

 

年金問題が解決したとしても、結局年金を納める世代がどんどん減っていくから、今後年金が上がるとは考えにくく、老後にかかる資金はいくらあっても安心出来ない。

 

収入の道が断たれてしまって、それでも寿命年齢だけは伸びているという今の状態では、とにかく個人年金を用意する必要があります。

 

つまり、例え今まで資産運用などをしたことが無くても、退職金という資産は、自分で考えて運用していくしかない時代になってしまったとい