なぜ退職金の運用が必要?

 

退職金というのは、自分の中で一番まとまったお金をもらえる唯一の機会で、今まで我慢していたことや、やってみたかった事に思い切り使おう!と思ってました。

 

そんな矢先に出てきたのが年金問題で、あのニュースは怒りよりも先に将来への不安を感じてしまいました。

 

私は厚生年金ですが、それでも退職するころにはいくらもらえるようになるかも分からないし、受給年齢もさらに上がってしまうかもしれない。

 

今でさえ、退職してから年金が受給されるまで、数年間は無収入になってしまいますよね。

 

そうなると、退職金は老後を豊かに暮らす余裕資金ではなく、収入がなくなった時の生活費にあてなければならなくなってしまいます。

 

しかも、退職してから何年生きるか決まっている訳じゃないので、余裕のある生活をするには、さらに仕事をするか退職金を運用するしかありませんよね。

 

若い人でさえ就職難が続いているのに、これからさらに高齢者が増えていくことを考えれば、再就職することは難しい。

 

銀行にどれぐらい寝かせておいても、ほんの気持ち程度の金利しかつかない。

 

年金問題が解決したとしても、結局年金を納める世代がどんどん減っていくから、今後年金が上がるとは考えにくく、老後にかかる資金はいくらあっても安心出来ない。

 

収入の道が断たれてしまって、それでも寿命年齢だけは伸びているという今の状態では、とにかく個人年金を用意する必要があります。

 

つまり、例え今まで資産運用などをしたことが無くても、退職金という資産は、自分で考えて運用していくしかない時代になってしまったということです。

株式投資をしている人の大半は投資した株をどういったタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませると思います。

しかし、一番高騰したところで株式を売り抜けるということはかなり難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けられるならいいと思います。

株式投資を行う機会には、単元株式以外の、ミニ株式を買う方法もあるのです。

単元株では投資金が高すぎて購入できない株式を買いたい時には、ミニ株でぽつぽつと買い入れることによって、一度に大金を準備しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。

株を始めたばかりの方が株式投資を始める狙い目とは、多くの人が株式投資への関心を失い、株式市場が落ちついている時なのです。

こういう時期では、どの銘柄もありえないくらい安く株価が放置されているため、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期であると感じるからです。

株を保有している場合、資金に対しての利回りを意識するのではと思います。

銀行に預けるとしてもさほど利息がつかない現在では、債券や定期預金、国債や投資信託に比べ、良い利回りでなくては投資の意味がありません。

きちんと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。

私は、某企業の株主優待が得たいために株式投資を開始した初心者です。

つい最近、株式の売買をするのが苦痛に感じなくなってきました。

株主優待制度も様々あり、その会社のサービスが利用できたり、割引された価格で買い物ができるので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。

株式投資の初心者はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌が取り上げている推奨銘柄の中から良いと思う銘柄を選んで投資するといいでしょう。

この経験を元に、徐々に知っている会社の数を増やしていくことで、自分で利益が得られると思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。

株式投資において時間が確保できるのは必須な要素です。

日本最大の市場である東証が開設している時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い金額で株を売買するためにはこの時間に、時間を確保できることが望ましいのです。

この点で専業主婦の人は、初心者であっても好都合な立場で、株への投資に向いていると言えるでしょう。

株初心者は売り払うタイミングを逃してしまうことがあります。

人間は皆、欲望がありますので、「もうちょっと高値になってから」なんて期待しているうちに、株価が下がってしまいます。

利益を確定させなければ利益とはならないことを忘れずに自分に合った株の売り方を検討してみると上手いタイミングが見つけやすくなるかもしれません。

株の投資をするためには口座の開設が不可欠です。

初心者に一押しなのがネットの株式取引会社です。

ネット証券は色々な手数料が低価格に抑えられているので、稼ぎを上げやすいと言えます。

ネット証券によりサービスに違いがあるので、照らしあわせてから口座を作りましょう。

株取引では、株式チャートを参考にして売買について考える手法が存在しています。

そして、そのうちの1つの方法が押し目買いといわれる手法になります。

株価が移動平均線と接する部分をその株の底値だと考え、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いというものです。

これまでの経験によると、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。

株の初心者にとって苦手なのは、ずばり損切りなのです。

ついつい上がると信じたくて、手放さない事が多いのです。

また、損したくないと思って、さらに損失を膨らませてしまうパターンがあります。

絶対や100%ということなどありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく重大な事です。

株を買おうという初心者に是非とも記憶してほしい言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。

株で利益を求めるにはこの二つの言葉を記憶しておいてください。

キャピタルゲインは株式売買で発生する粗利益のことです。

例えば、1万円で購入した株式を2万円で売り渡せば、1万円の利得がキャピタルゲインになるのです。

株投資について書かれた本を何冊も読んで調べた上で、株のビギナーが投資をする場合、数日間で売買を終わらせる投資法を採り入れる人もたくさんいるでしょう。

スイングトレードはうまく取引できれば、たくさんの利益を上げられるので、非常に人気がある投資方法です。

当然ではありますが、いつでも利益が得られるわけではありませんから、赤字になってしまう場合もあります。

株に不慣れであるのならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることを提案します。

よくわからない確定申告の作業や調べることにかける時間を短縮して、かわりに、株取引のための情報をかき集めることに時間を割くことができるからです。

株については知識が豊富でない者が初歩的な知識を学ぶために必要になることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、口コミ評価の高い本を5冊以上読まなければならないと思います。

株式投資についての本を五冊くらい読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は大事なところだということが考えられるからです。

引用:NISAのメリット・デメリットは?【口座開設の前に確認!】