なぜ退職金の運用が必要?

 

退職金というのは、自分の中で一番まとまったお金をもらえる唯一の機会で、今まで我慢していたことや、やってみたかった事に思い切り使おう!と思ってました。

 

そんな矢先に出てきたのが年金問題で、あのニュースは怒りよりも先に将来への不安を感じてしまいました。

 

私は厚生年金ですが、それでも退職するころにはいくらもらえるようになるかも分からないし、受給年齢もさらに上がってしまうかもしれない。

 

今でさえ、退職してから年金が受給されるまで、数年間は無収入になってしまいますよね。

 

そうなると、退職金は老後を豊かに暮らす余裕資金ではなく、収入がなくなった時の生活費にあてなければならなくなってしまいます。

 

しかも、退職してから何年生きるか決まっている訳じゃないので、余裕のある生活をするには、さらに仕事をするか退職金を運用するしかありませんよね。

 

若い人でさえ就職難が続いているのに、これからさらに高齢者が増えていくことを考えれば、再就職することは難しい。

 

銀行にどれぐらい寝かせておいても、ほんの気持ち程度の金利しかつかない。

 

年金問題が解決したとしても、結局年金を納める世代がどんどん減っていくから、今後年金が上がるとは考えにくく、老後にかかる資金はいくらあっても安心出来ない。

 

収入の道が断たれてしまって、それでも寿命年齢だけは伸びているという今の状態では、とにかく個人年金を用意する必要があります。

 

つまり、例え今まで資産運用などをしたことが無くても、退職金という資産は、自分で考えて運用していくしかない時代になってしまったということです。

株式投資をしている人の大半は投資した株をどういったタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませると思います。

しかし、一番高騰したところで株式を売り抜けるということはかなり難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けられるならいいと思います。

株式投資を行う機会には、単元株式以外の、ミニ株式を買う方法もあるのです。

単元株では投資金が高すぎて購入できない株式を買いたい時には、ミニ株でぽつぽつと買い入れることによって、一度に大金を準備しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。

株を始めたばかりの方が株式投資を始める狙い目とは、多くの人が株式投資への関心を失い、株式市場が落ちついている時なのです。

こういう時期では、どの銘柄もありえないくらい安く株価が放置されているため、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期であると感じるからです。

株を保有している場合、資金に対しての利回りを意識するのではと思います。

銀行に預けるとしてもさほど利息がつかない現在では、債券や定期預金、国債や投資信託に比べ、良い利回りでなくては投資の意味がありません。

きちんと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。

私は、某企業の株主優待が得たいために株式投資を開始した初心者です。

つい最近、株式の売買をするのが苦痛に感じなくなってきました。

株主優待制度も様々あり、その会社のサービスが利用できたり、割引された価格で買い物ができるので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。

株式投資の初心者はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌が取り上げている推奨銘柄の中から良いと思う銘柄を選んで投資するといいでしょう。

この経験を元に、徐々に知っている会社の数を増やしていくことで、自分で利益が得られると思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。

株式投資において時間が確保できるのは必須な要素です。

日本最大の市場である東証が開設している時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い金額で株を売買するためにはこの時間に、時間を確保できることが望ましいのです。

この点で専業主婦の人は、初心者であっても好都合な立場で、株への投資に向いていると言えるでしょう。

株初心者は売り払うタイミングを逃してしまうことがあります。

人間は皆、欲望がありますので、「もうちょっと高値になってから」なんて期待しているうちに、株価が下がってしまいます。

利益を確定させなければ利益とはならないことを忘れずに自分に合った株の売り方を検討してみると上手いタイミングが見つけやすくなるかもしれません。

株の投資をするためには口座の開設が不可欠です。

初心者に一押しなのがネットの株式取引会社です。

ネット証券は色々な手数料が低価格に抑えられているので、稼ぎを上げやすいと言えます。

ネット証券によりサービスに違いがあるので、照らしあわせてから口座を作りましょう。

株取引では、株式チャートを参考にして売買について考える手法が存在しています。

そして、そのうちの1つの方法が押し目買いといわれる手法になります。

株価が移動平均線と接する部分をその株の底値だと考え、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いというものです。

これまでの経験によると、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。

株の初心者にとって苦手なのは、ずばり損切りなのです。

ついつい上がると信じたくて、手放さない事が多いのです。

また、損したくないと思って、さらに損失を膨らませてしまうパターンがあります。

絶対や100%ということなどありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく重大な事です。

株を買おうという初心者に是非とも記憶してほしい言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。

株で利益を求めるにはこの二つの言葉を記憶しておいてください。

キャピタルゲインは株式売買で発生する粗利益のことです。

例えば、1万円で購入した株式を2万円で売り渡せば、1万円の利得がキャピタルゲインになるのです。

株投資について書かれた本を何冊も読んで調べた上で、株のビギナーが投資をする場合、数日間で売買を終わらせる投資法を採り入れる人もたくさんいるでしょう。

スイングトレードはうまく取引できれば、たくさんの利益を上げられるので、非常に人気がある投資方法です。

当然ではありますが、いつでも利益が得られるわけではありませんから、赤字になってしまう場合もあります。

株に不慣れであるのならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることを提案します。

よくわからない確定申告の作業や調べることにかける時間を短縮して、かわりに、株取引のための情報をかき集めることに時間を割くことができるからです。

株については知識が豊富でない者が初歩的な知識を学ぶために必要になることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、口コミ評価の高い本を5冊以上読まなければならないと思います。

株式投資についての本を五冊くらい読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は大事なところだということが考えられるからです。

NISA投資をするメリットとデメリット

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

比較的人気のある外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本では2014年にスタートして、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

となるとお金がないと参加は難しいですし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

参考:NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もし投資自体が初めてという方であれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、あまり気にする必要はないかもしれません。