退職金資産運用ガイドTOP > 資産運用に関するよくある質問 > 退職金の運用方法にはどんなものが?

退職金の運用方法にはどんなものが?について

 

42年間会社を勤めあげて、やっと手にした退職金は、私にとっては自分の人生のボーナスのようなもの。

 

第2次世界大戦後、ベビーブームの真っただ中で育ってきた団塊世代、集団就職してからは仕事一筋に走り続けた私が、やっと自分のために時間とお金を使えるようになる。

 

かなり、夢と希望を持って退職金を手にしたのですが、実際もらう時の社会状況といえば、今度は不況の真っただ中。

 

常に真っただ中で生きていく運命なのか、少子化問題も真っただ中で、年金問題も真っただ中。

 

でも、大事な家族のためにも、悩んだり落ち込んだりしている余裕はありません。

 

このお金を、少しでも増やして、家族に心配をかけないようにしなくては!ということで、退職早々、今度は退職金の運用方法についての勉強を始めました。

 

と言っても、資金運用などしたことがなく、インターネットで調べても、専門用語がたくさん出てきて意味が分からない。

 

そこで、一番手っ取り早い方法で、銀行の方に相談をしてみました。

 

不況のあおりで、銀行にとっては退職金はとても魅力的らしく、すごく親身になって考えてくれました。

 

ただし、ひとつの金融機関だけじゃなく、何行か相談して、比較をしてみた方がいいですね。

 

何も分からないとしても、一つのところだけで決めてしまって、後で他に良い運用方法があったらショックですし、大切な退職金を損する訳に行きません。

 

とにかく、ありとあらゆる運用方法があるので、とりあえずいろんな金融機関の話を聞く事から始めるのがお勧めです。

 

資産運用に関するよくある質問記事一覧

退職金の運用リスクとは?

私にとって、退職金というのは、老後のための生活資金であって、けして余剰資金ではありません。でも、退職してから大体の生活資金を計算してみると、切りつめた生活をしたとしても、退...

退職金専用商品とは?

銀行などに行くと、「退職金専用商品」というポスターをよく目にするようになって、定年が近い私としては気になるところ。私の会社の定年退職年齢は60歳ですが、妻も私も健康なので、...

退職金の運用方法にはどんなものが?

42年間会社を勤めあげて、やっと手にした退職金は、私にとっては自分の人生のボーナスのようなもの。第2次世界大戦後、ベビーブームの真っただ中で育ってきた団塊世代、集団就職して...

おすすめの退職金運用法は?

退職金の運用方法は、よっぽど余剰資金がある人じゃないかぎり、かなり悩んでしまうと思います。かくいう私も、退職金をもらっても生活にゆとりが出来る訳じゃないので、投資に回すべき...

退職金の運用相談はどこで?

大事な退職金ですが、老後の生活のことを考えると、やっぱり運用しておくべきかなと思います。というのも、あるデータでは、退職してから30年間普通の生活をしても、約1億円近いお金...

退職金運用プランとは?

金融危機がこれだけニュースになると、さすがに経済に疎い私でも、退職後の生活が気になりだしました。退職金が出ても、今の状況だと年金をあてにすることも出来なそうなので、とにかく...