退職金資産運用ガイドTOP > 退職金運用の基本 > 老後資金と余裕資金とは?

老後資金と余裕資金とは?について

 

退職する年齢が近くなってきて、今一番気にかかっているのは、老後資金と余裕資金のこと。

 

老後資金というのは、言うまでもなく、退職して無収入になった時から死ぬまでの生活資金のことですよね。

 

老後資金に必要なのは、サイトによっても違いますが、平均を出してみると8000万円ほど必要みたいです。

 

余裕資金というのは、老後資金を確保したうえで、趣味や旅行に使ったり、投資をしてみるなど、自分が自由に使えるお金のこと。

 

私の場合、大手企業に勤めている訳ではないので、贅沢せずに普通の生活をしていても、月々の貯金はわずかしか出来ません。

 

しかも、今までは、子供の教育資金や祝い事などにお金がかかっていたので、現段階では貯金という貯金もない状態です。

 

ですから、老後資金のための貯金はこれから貯めていかなければいけないし、かといって退職までに余裕をもって貯めるというのも無理なので、退職金で賄おうと思ってます。

 

本来なら、仕事や子育てが一段落して、人生のセカンドステージをどういう風に過ごしていくか、というのを考えるのが楽しみになるはず。

 

それなのに、すべてが一段落したら、次は老後の心配をしていかなければいけません。

 

つまり、余裕資金と呼べるほどの手持ちがほとんどないという状態なので、せっかく退職しても、時間だけが有り余っているという老後になりそうなんです。

 

それではあまりにも空しいので、投資関係の勉強をして、老後資金を切り崩さないように、でも少し余裕資金が出来るように、遅まきながら頑張りたいですね。

 

退職金運用の基本記事一覧

退職金運用のメリット・デメリット

世界情勢はもちろん、日本国内の財政状況も悪化の一路をたどる昨今では、退職金をもらったとしてもすべてを生活費に充てなければやっていけません。だから、いろいろと退職金運用が出来...

銀行で退職金を運用する

仕事をしている時は、家族と会社のために精一杯頑張って働いていたので、退職したらのんびりと自分の好きな事をして過ごすことが楽しみでした。それなのに、生活資金の当てにしていた年...

退職金の運用を失敗しないためのポイント

最近は、退職金を目当てにした金融商品が増えているそうで、特に投資初心者がターゲットになっているみたいですね。確かに、普通の人なら退職金は余裕資金に出来ると思うので、定年退職...

老後資金と余裕資金とは?

退職する年齢が近くなってきて、今一番気にかかっているのは、老後資金と余裕資金のこと。老後資金というのは、言うまでもなく、退職して無収入になった時から死ぬまでの生活資金のこと...

高金利商品で退職金運用

18歳で集団就職のために東京に出てきてから、自分の生活を守るため、会社の発展のためにと、仕事一筋で頑張ってきました。そんな私が、唯一楽しみにしていたのは、定年退職をしたら何...

退職金の運用キャンペーンを活用する

バブル時代は投資で儲けることが出来ましたが、そんないい時代も過去のことで、今は投資をするのはかなりの勇気がいるものです。私も昔、投資で結構痛い思いをしたことがあったので、そ...

退職金運用はリスク分散が大切

虎の子の退職金を運用するには、ある程度のリスクを覚悟しなくてはいけませんよね。銀行のスーパー定期預金なら、安心して預けられる代わりに、運用と呼べるほどの儲けはないので、面白...