退職金資産運用ガイドTOP > 退職金運用の基本 > 退職金運用のメリット・デメリット

退職金運用のメリット・デメリットについて

 

世界情勢はもちろん、日本国内の財政状況も悪化の一路をたどる昨今では、退職金をもらったとしてもすべてを生活費に充てなければやっていけません。

 

だから、いろいろと退職金運用が出来る金融商品を探しているのですが、どんな投資にも必ず付いてくるのがメリットとデメリット。

 

つまり、退職金を運用するからといって、必ず儲かると言う保証もないし、逆に減ってしまう可能性もあるということ。

 

それでも、何億円もの退職金が出るわけじゃないから、どうにかうまく運用して増やしていかないと、今後の生活が不安です。

 

そこで、もう一度冷静になって、退職金運用のメリットとデメリットを考えてみました。

 

退職金を運用するメリットと言えば、かなり大きな金額を動かすことが出来るので、その分利幅も大きくなるということ。

 

それに、いちおうは余剰金なので、損をしたとしても、今の生活状態にひどいダメージを与えないことです。

 

逆に、デメリットと言えば、やはり老後のための大切な資金なので、想定以上の損失を被った場合、その後の生活に不安が残ってしまいます。

 

また、浅い知識のまま投資をしてしまえば、利益どころかマイナスになってしまう可能性もあります。

 

最近の金融商品は、証拠金さえあれば、元手がなくても投資出来てしまえるものがあるので、要注意ですよね。

 

いずれにしろ、正しい知識をつけなければ、どんな退職金運用方法も、リスクばかりでメリットがないということになります。

 

メリットデメリットを考えるよりも、まずは知識をつけることが大事ですね。

 

関連サイト

 

NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】

 

退職金運用の基本記事一覧

退職金運用のメリット・デメリット

世界情勢はもちろん、日本国内の財政状況も悪化の一路をたどる昨今では、退職金をもらったとしてもすべてを生活費に充てなければやっていけません。だから、いろいろと退職金運用が出来...

銀行で退職金を運用する

仕事をしている時は、家族と会社のために精一杯頑張って働いていたので、退職したらのんびりと自分の好きな事をして過ごすことが楽しみでした。それなのに、生活資金の当てにしていた年...

退職金の運用を失敗しないためのポイント

最近は、退職金を目当てにした金融商品が増えているそうで、特に投資初心者がターゲットになっているみたいですね。確かに、普通の人なら退職金は余裕資金に出来ると思うので、定年退職...

老後資金と余裕資金とは?

退職する年齢が近くなってきて、今一番気にかかっているのは、老後資金と余裕資金のこと。老後資金というのは、言うまでもなく、退職して無収入になった時から死ぬまでの生活資金のこと...

高金利商品で退職金運用

18歳で集団就職のために東京に出てきてから、自分の生活を守るため、会社の発展のためにと、仕事一筋で頑張ってきました。そんな私が、唯一楽しみにしていたのは、定年退職をしたら何...

退職金の運用キャンペーンを活用する

バブル時代は投資で儲けることが出来ましたが、そんないい時代も過去のことで、今は投資をするのはかなりの勇気がいるものです。私も昔、投資で結構痛い思いをしたことがあったので、そ...

退職金運用はリスク分散が大切

虎の子の退職金を運用するには、ある程度のリスクを覚悟しなくてはいけませんよね。銀行のスーパー定期預金なら、安心して預けられる代わりに、運用と呼べるほどの儲けはないので、面白...