退職金資産運用ガイドTOP > 投資商品別メリットとデメリット > 外貨MMFで退職金運用のメリット・デメリット

外貨MMFで退職金運用のメリット・デメリットについて

 

定期預金をしていても、金利が低ければ、メリットは元本が減らないということだけ。

 

これでは、やっと手に入れた退職金を増やしたくても、増やす事は無理。

 

といっても、いままで投資をしたことがない私としては、株式投資をしても元本割れする可能性が大きい。

 

そこで注目したのが、短期債券を運用することで額面割れのリスクが低くなる、初心者でも始めやすい外貨MMFです。

 

外貨MMFというのは、その名の通り外貨で運用するMMF(マネーマネジメントファイナンス)のこと。

 

もちろん、投資信託商品なので元本の保証はありませんが、為替手数料が安くて、販売手数料や解約手数料、信託財産留保金が無いというのがメリットですね。

 

しかも、外貨を使って資産運用した場合、その差益に対しては課税対象にならないというのも大きなメリットだと思います。

 

デメリットは、外貨を購入する時よりも円高の時に解約してしまうと、その差額を損してしまうというもの。

 

基本的には外貨を購入するので、元本割れをする可能性は極めて少ないですが、円に変える時に円安だったらその分損をするのは当たり前。

 

でも、このデメリットは、きちんと円安の時を選んで解約すれば、損をしないと言う事になる、逆に考えるとメリットとも言えます。

 

生活に必要な貯金を投資するのは不安ですが、退職金のように、特に急を要する必要のないお金ならばいくらでも円安の時期を待つ事が出来るので、退職金の資産運用としては理想的です。

 

莫大な利益は望めないかもしれないけど、ある程度勉強をして、購入時期と解約時期を間違わなければ、結構確実に資産運用出来るのでは?

 

退職金運用の基本記事一覧

FXで退職金運用のメリット・デメリット

退職金は、今まで働いた分の時間を取り戻すために老後を豊かに楽しむための資金だと思ってましたが、年金問題など老後の心配が多い現在では、生活をしていくための大切な資金。昔だった...

定期預金で退職金運用のメリット・デメリット

退職金の運用方法を考え出すと、それだけで頭がこんがらがってしまうぐらい、投資や金融関係に疎いので、何も考えずに銀行に預けることに決めてました。そんな私の心を揺さぶるのは、最...

外貨預金で退職金運用のメリット・デメリット

日本の銀行に退職金を預けるのは、元本割れがしないと言うメリットがあるものの、資産運用としてのメリットはまったくといっていいほどないですよね。そういう私も、特に投資に詳しい訳...

外貨MMFで退職金運用のメリット・デメリット

定期預金をしていても、金利が低ければ、メリットは元本が減らないということだけ。これでは、やっと手に入れた退職金を増やしたくても、増やす事は無理。といっても、いままで...

株式で退職金運用のメリット・デメリット

いろんな金融商品が出てきているけれど、自分の中では、株式投資がやっぱり一番儲けられるというイメージがあります。というのも、株主になっておけば、銘柄によっては株主優待があった...

投資信託で退職金運用のメリット・デメリット

とにかく、これからは退職金も運用する時代ですよね。私が退職金をもらうまでは、まだ数年あるけれど、何をしたらいいのか、どんな金融商品がいいのかというのが全く知らなかったので、...