退職金資産運用ガイドTOP > 投資商品別メリットとデメリット > 外貨預金で退職金運用のメリット・デメリット

外貨預金で退職金運用のメリット・デメリットについて

 

日本の銀行に退職金を預けるのは、元本割れがしないと言うメリットがあるものの、資産運用としてのメリットはまったくといっていいほどないですよね。

 

そういう私も、特に投資に詳しい訳ではないので、退職金は銀行に預けるしかないかな、と思ってました。

 

でも、最近ニュースやネット広告で外貨預金というのを見かけていて、ちょっと面白そうで興味を持ち始めました。

 

というのも、他の投資や金融商品は、説明を見てもあんまり意味が分からないのですが、外貨預金は結構シンプルな内容なんです。

 

簡単にいうと、外国の通貨に換金して預金をするのが外貨預金、そのままの意味ですよね。

 

1ドルを100円で買って預金したものを、1ドル120円になった時に売れば、20円儲かるという単純な計算。

 

もちろん、いろんな手数料がかかるので、実際には20円の儲けということにはなりませんが、退職金ぐらいの大きい金額を外貨預金にすれば、かなりの儲けが期待出来ると思いませんか?しかも、空前の低金利と言われている日本の銀行に比べて、アメリカやオーストラリアの銀行金利は、日本のスーパー定期預金ぐらいの金利が付くんです。

 

だから、日本の銀行で退職金を寝かせるなら、海外の銀行で寝かせてしまった方が、資産が増えると言うメリットがあります。

 

逆に考えると、急にお金が必要になって円に変えなきゃいけなくなった時、購入した時より円高になっていると、どんなに金利がよかったとしても損をするというデメリットがあるんですよね。

 

でも、日本の金利と外国の金利を考えると、デメリットを踏まえても外貨預金したいなーと思っちゃいますね。

 

退職金運用の基本記事一覧

FXで退職金運用のメリット・デメリット

退職金は、今まで働いた分の時間を取り戻すために老後を豊かに楽しむための資金だと思ってましたが、年金問題など老後の心配が多い現在では、生活をしていくための大切な資金。昔だった...

定期預金で退職金運用のメリット・デメリット

退職金の運用方法を考え出すと、それだけで頭がこんがらがってしまうぐらい、投資や金融関係に疎いので、何も考えずに銀行に預けることに決めてました。そんな私の心を揺さぶるのは、最...

外貨預金で退職金運用のメリット・デメリット

日本の銀行に退職金を預けるのは、元本割れがしないと言うメリットがあるものの、資産運用としてのメリットはまったくといっていいほどないですよね。そういう私も、特に投資に詳しい訳...

外貨MMFで退職金運用のメリット・デメリット

定期預金をしていても、金利が低ければ、メリットは元本が減らないということだけ。これでは、やっと手に入れた退職金を増やしたくても、増やす事は無理。といっても、いままで...

株式で退職金運用のメリット・デメリット

いろんな金融商品が出てきているけれど、自分の中では、株式投資がやっぱり一番儲けられるというイメージがあります。というのも、株主になっておけば、銘柄によっては株主優待があった...

投資信託で退職金運用のメリット・デメリット

とにかく、これからは退職金も運用する時代ですよね。私が退職金をもらうまでは、まだ数年あるけれど、何をしたらいいのか、どんな金融商品がいいのかというのが全く知らなかったので、...