退職金資産運用ガイドTOP > 退職金運用の基本 > 高金利商品で退職金運用

高金利商品で退職金運用について

 

18歳で集団就職のために東京に出てきてから、自分の生活を守るため、会社の発展のためにと、仕事一筋で頑張ってきました。

 

そんな私が、唯一楽しみにしていたのは、定年退職をしたら何もしないで、好きな読書を思い切りして、菜園で自家製野菜を作ったりする事。

 

高度経済成長期を体験している私にとっては、ゆったりとした定年後の生活は、当然手に入るものだと思ってました。

 

まさか、日本経済がここまで没落してしまうとは思ってなかったし、年金問題や少子化で生活費の足しにしかならな程度の年金しかもらえないとは想定外の出来ごとです。

 

でも、そんなことで今まで頑張ってきた自分が、老後もがむしゃらに働かなくちゃいけないなんて、納得がいきません。

 

というより、働き口もなさそうですし。

 

ですから、余裕のある老後を過ごすために、高金利商品で退職金を運用していくことにしました。

 

と言っても、退職金を対象にした高金利商品はいろいろとあるので、こういう金融関係に疎い私にはちんぷんかんぷん。

 

だから、まずは行動あるのみなので、高金利商品の運用セミナーに参加してみることに。

 

セミナーでのアドバイスは、高金利にばかり目が行っていた私を目覚めさせてくれて、退職金のポートフォリオの組み立て方や、会社の信頼性なども大事だということを教えてもらえました。

 

それを踏まえて、投資先に検討していた外貨預金というのも、リスクが少ない高金利商品ということで、もっと詳しく知りたくなりましたね。

 

いずれにしても、高金利商品で退職金運用をするなら、専門家のアドバイスを聞いて、しっかりと自己資金を把握しておくことが重要だと思います。

 

退職金運用の基本記事一覧

退職金運用のメリット・デメリット

世界情勢はもちろん、日本国内の財政状況も悪化の一路をたどる昨今では、退職金をもらったとしてもすべてを生活費に充てなければやっていけません。だから、いろいろと退職金運用が出来...

銀行で退職金を運用する

仕事をしている時は、家族と会社のために精一杯頑張って働いていたので、退職したらのんびりと自分の好きな事をして過ごすことが楽しみでした。それなのに、生活資金の当てにしていた年...

退職金の運用を失敗しないためのポイント

最近は、退職金を目当てにした金融商品が増えているそうで、特に投資初心者がターゲットになっているみたいですね。確かに、普通の人なら退職金は余裕資金に出来ると思うので、定年退職...

老後資金と余裕資金とは?

退職する年齢が近くなってきて、今一番気にかかっているのは、老後資金と余裕資金のこと。老後資金というのは、言うまでもなく、退職して無収入になった時から死ぬまでの生活資金のこと...

高金利商品で退職金運用

18歳で集団就職のために東京に出てきてから、自分の生活を守るため、会社の発展のためにと、仕事一筋で頑張ってきました。そんな私が、唯一楽しみにしていたのは、定年退職をしたら何...

退職金の運用キャンペーンを活用する

バブル時代は投資で儲けることが出来ましたが、そんないい時代も過去のことで、今は投資をするのはかなりの勇気がいるものです。私も昔、投資で結構痛い思いをしたことがあったので、そ...

退職金運用はリスク分散が大切

虎の子の退職金を運用するには、ある程度のリスクを覚悟しなくてはいけませんよね。銀行のスーパー定期預金なら、安心して預けられる代わりに、運用と呼べるほどの儲けはないので、面白...