退職金資産運用ガイドTOP > 退職金運用の基本 > 銀行で退職金を運用する

銀行で退職金を運用するについて

 

仕事をしている時は、家族と会社のために精一杯頑張って働いていたので、退職したらのんびりと自分の好きな事をして過ごすことが楽しみでした。

 

それなのに、生活資金の当てにしていた年金が、今の段階でも生活費にもならないぐらいしかもらえないということが分かり、趣味を楽しむどころではない。

 

それよりも、退職金を運用して、少しでも蓄えを増やしておかないと、何かあった時に困ってしまいます。

 

ですから、少しでもリスクが軽減出来て、でも多少の儲けがあるような金融商品を探してみたのですが、やっぱりそんな虫のいい投資はありません。

 

退職金を減らしてしまうかもしれない、という覚悟がなければ、投資なんて無理なんですね。

 

そこで注目しているのが、銀行を使って退職金を運用していくということ。

 

もちろん、普通の定期預金では、今の時代ほとんどプラスにはなりません。

 

でも、退職金専用のプランがあったり、プロの目で代わりに投資をしてくれる金融商品もあったりするので、自分にはぴったりだと思いました。

 

複数の銀行に相談したところ、私の一番の希望である「元本を減らさない」というのを踏まえて、特別金利のスーパー定期預金が一番みたいです。

 

ただし、ペイオフが解禁になっているので、いくつかの銀行に分けて預けるつもりです。

 

大事な退職金なので、リスクを取るか安定を取るかで考えると、投資素人としては、やはり元本保証されている銀行で少しずつ増やしていくのが安心ですよね。

 

退職金運用の基本記事一覧

退職金運用のメリット・デメリット

世界情勢はもちろん、日本国内の財政状況も悪化の一路をたどる昨今では、退職金をもらったとしてもすべてを生活費に充てなければやっていけません。だから、いろいろと退職金運用が出来...

銀行で退職金を運用する

仕事をしている時は、家族と会社のために精一杯頑張って働いていたので、退職したらのんびりと自分の好きな事をして過ごすことが楽しみでした。それなのに、生活資金の当てにしていた年...

退職金の運用を失敗しないためのポイント

最近は、退職金を目当てにした金融商品が増えているそうで、特に投資初心者がターゲットになっているみたいですね。確かに、普通の人なら退職金は余裕資金に出来ると思うので、定年退職...

老後資金と余裕資金とは?

退職する年齢が近くなってきて、今一番気にかかっているのは、老後資金と余裕資金のこと。老後資金というのは、言うまでもなく、退職して無収入になった時から死ぬまでの生活資金のこと...

高金利商品で退職金運用

18歳で集団就職のために東京に出てきてから、自分の生活を守るため、会社の発展のためにと、仕事一筋で頑張ってきました。そんな私が、唯一楽しみにしていたのは、定年退職をしたら何...

退職金の運用キャンペーンを活用する

バブル時代は投資で儲けることが出来ましたが、そんないい時代も過去のことで、今は投資をするのはかなりの勇気がいるものです。私も昔、投資で結構痛い思いをしたことがあったので、そ...

退職金運用はリスク分散が大切

虎の子の退職金を運用するには、ある程度のリスクを覚悟しなくてはいけませんよね。銀行のスーパー定期預金なら、安心して預けられる代わりに、運用と呼べるほどの儲けはないので、面白...